MESSAGE

JAPAN-GTLコンソーシアムからの挨拶

  (独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下JOGMEC)、及び国際石油開発帝石㈱、JX日鉱日石エネルギー㈱、石油資源開発㈱、コスモ石油㈱、新日鉄住金エンジニアリング㈱、千代田化工建設㈱の民間6社は共同で、日本独自のGTL技術であるJAPAN-GTLプロセスの開発を行ってまいりました。2006年10月から2012年8月までの約6ヵ年にわたり、JOGMECと民間6社が設立した日本GTL技術研究組合 (*1) は、JAPAN-GTL実証研究(*2)として、新潟市東区太郎代に日産500バーレルのGTL実証プラントを建設し、実証試験を行うと共に、バックアップ研究、商業化検討等を行い、商業規模でのGTLプラントに適用可能なJAPAN-GTLプロセスを確立しました。
  この成果を踏まえ、JOGMEC並びに民間6社の関係7者は、JAPAN-GTLの利用並びに事業化に向け活動をしております。その一環として、JAPAN-GTLプロセスに係る情報の提供、共同プロモーションの推進等を目的として、今般2012年10月1日、「JAPAN-GTL コンソーシアム」のウェブサイトを開設しました。
  我々は、エネルギーの安定供給、そして地球環境に貢献できる独自のGTL技術の実用化に向け、引き続き全力で取り組んでまいります。関係各位の一層のご指導、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

JAPAN-GTLコンソーシアムの説明

(1) JAPAN-GTLコンソーシアムメンバー
JAPAN-GTL実証研究参加の下記7社
  • JOGMEC
  • 国際石油開発帝石(株)
  • JX日鉱日石エネルギー(株)
  • 石油資源開発(株)
  • コスモ石油(株)
  • 新日鉄住金エンジニアリング(株)
  • 千代田化工建設(株)

(2) 目的
JAPAN-GTLコンソーシアムは、以下の実施を主要目的としております。
  • JAPAN-GTLプロセスに関する情報提供
  • JAPAN-GTLプロセスの共同プロモーション
  • JAPAN-GTLプロセスの技術継承

(3) 照会先
JOGMEC GTL事業化推進チーム
TEL:03-6758-8687(代)
EMAIL:japan-gtl@jogmec.go.jp

  • (*1)JAPAN-GTL実証研究のために、参加民間6社により2006年10月25日に設立された時限の技術研究組合。本実証研究完了後の2012年8月31日に解散した。
  • (*2)JOGMEC 特別研究「天然ガスの液体燃料化(GTL)技術実証研究」研究項目「GTL実証研究」


  • JOGMEC
  • 国際石油開発帝石株式会社
  • JX日鉱日石エネルギー
  • JAPEX石油資源開発株式会社
  • コスモ石油
  • NIPPON STEEL ENGINEERING
  • 千代田化工建設株式会社
照会先:
JOGMEC GTL 事業化推進チーム
TEL: 03-6758-8687(代)
MAIL:japan-gtl@jogmec.go.jp

国際石油開発帝石(株)
JX日鉱日石エネルギー(株)
石油資源開発(株)
コスモ石油(株)
新日鉄住金エンジニアリング(株)
千代田化工建設(株)